プラセンタ注射

プラセンタ(メルスモン)注射を行っております


プラセンタとは

プラセンタとは、動物の胎盤のことを言います​。

胎盤は胎児に送る栄養素の供給元として、たんぱく質やアミノ酸など豊富な成長因子が含まれています。動物が出産後に胎盤を食べているのは、その豊富な栄養素で体力回復を図るためです。

そのため、プラセンタは古くから薬としても服用されてきました。

近年では更年期障害に有効とされ、注射による治療が普及しています。

更年期障害以外にも様々な症状に効果を発揮するされています。


効果

更年期障害(のぼせ・冷え・不眠・イライラ感・頭痛・疲労・肩こり・腰痛など)の改善
※下記の「保険適応となる場合」をご確認ください。

肝機能の改善

肌のハリツヤなどの美容効果

発毛、育毛効果  など

副作用・リスク
注射部位の疼痛、発赤等や、悪寒、発熱、発疹等が起こることがあります。

世界では輸血や移植による感染が疑われる報告もありますが、これまで、メルスモン注射剤によると思 われる vCJD の感染報告はありません。しかしながら、理論的な vCJD 等の伝播の危険性を完全には否定できません。このため、メルスモン注射剤を含む人胎盤由来医薬品の使用者は、献血は出来ません。 臓器提供は原則として控えることが求められています。 但し、臓器提供の場合、移植希望者が移植医から適切な説明を受けた上で、提供を受ける意思を明らか にしている場合の提供は可能です。


保険適応となる場合
 更年期障害であり、45歳から59歳の女性

 対象の方は「更年期指数自己チェック表」にお答頂き、「メルスモン注射製剤についてのご説明」にご署名を頂きます。
  ・更年期指数自己チェック表
  ・メルスモン注射剤についてのご説明
 
 ※上記対象とならないかたは自費診療となります

プラセンタ治療かかる費用

保険診療の場合  500円から(3割負担の場合)

自費診療の場合  初回    2,000円(税込)
​         2回目以降 1,550円(税込)

3994196_m.jpg
院名.png

〒245-0008 神奈川県横浜市泉区弥生台25-1 弥生台石川ビル2階

​        相鉄線弥生台駅南口より徒歩2分

診療表2.jpg

※休診日:水曜日、金曜日午前、第1・第3土曜日、日曜日、祝日

​ 各診療科の診療時間は、担当医表をご確認ください

地図.jpg