睡眠時無呼吸症候群治療

Sleep apnea syndrome treatment
睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が一時的に止まってしまう病気です。 無呼吸が一晩に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸とされます。 睡眠時無呼吸症候群は、「強い眠気や倦怠感」「集中力低下」などが引き起こされ、日常生活に影響が生じてしまいます。
検査は、簡単にご自宅でできます。いびきや呼吸の状態から睡眠時無呼吸症候群の可能性を調べます。
睡眠時無呼吸症候群と診断された際には、 CPAP(シーパップ)療法をお勧めしています。
CPAP療法とは、気道に空気を送り続けて気道を開存させておく装置を使用します。装置はマスク型で、就寝時に装着します。

click detail