心不全

heart fig01
心不全とは、心臓が血液を送り出すポンプの機能が弱り、カラダが必要な量の血液を送り出せない病態のことです。
症状は、むくみや全身のダルさ、動悸や息苦しさなどさまざまです。
胸部レントゲンや心電図、採血やエコーなどにより検査を行います。
早期に治療を開始することで、その後の経過が全く異なります。
特に高血圧や狭心症、不整脈などその他の既往がある方は、定期的な検査をお勧めします。

 

 

不整脈

heart fig02
不整脈とは、脈のリズムが不整なもの、また、脈のリズムが正しくてもスピードが速すぎたり遅すぎたり、心電図上異常があるもののことを言います。
症状があるものと無いものがあります。
症状としては、胸部不快感や動悸、めまい、息切れ、意識消失などが出る場合があります。
なんとなくダルい、など症状がはっきりしない場合も多々あります。
不整脈は、突然死の原因にもなりますので、はっきりとした自覚症状がなくても検査することをお勧めします。
まずは心電図やレントゲンにて検査をし、場合によってはホルター心電図をとります。
*ホルター心電図は、24時間電極を小さな装着したまま自宅で日常生活(お風呂にも入れます)を行なっていただきます。
そして24時間以上経過したらご来院いただき、そのデータを解析します。

 

 

虚血性心疾患

heart fig03
虚血性心疾患は、狭心症や心筋梗塞など、心臓の筋肉そのものへの血流が悪くなるものを言います。
高血圧、高血糖、高脂血症、喫煙、ストレス、家族歴などがあると、狭心症や心筋梗塞のリスクがグッと上がります。
心電図やレントゲン、採血採尿、血管年齢測定により定期的にチェックを受けることをお勧めします。