ピロリ菌

pylori
 
 胃の不快感がくりかえすとき、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気が疑われます。胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんで特に再発をくり返すときは、ピロリ菌に感染していることが多く、慢性胃炎の発症の原因や、潰瘍の再発に関係していることが、わかっています。

ピロリ菌とは、胃の粘膜に生息しているらせん形をした細菌です。この菌は一度感染すると多くの場合、胃の中に棲みつづけます。
感染すると、炎症が続
きますが、この時点では、症状のない人がほとんどです。
ピロリ菌は服薬による「除菌療法」で退治することができますので、一度医師に相談してみることをおすすめします。

 

<ピロリ菌検査>
ピロリ菌検査は採血にて判断します。まずは窓口にてご相談ください。